メンズが好むかっこいいパスケース! 選び方やおすすめ5選をご紹介

JOGGO 広報

JOGGO 広報

2022.6.21 01:00:00

2022.6.21 11:03:33

メンズが好むかっこいいパスケース! 選び方やおすすめ5選をご紹介

バスや電車で通勤・通学する男性には欠かせない「パスケース」。毎日使うパスケースだからこそ、自分にとって使いやすく、お気に入りのものを選びたいですよね。

しかし、「通勤用にパスケースを購入したいものの、パスケースの種類や価格相場が分からない。」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。実際のところ、メンズ向けパスケースはカラーやデザイン、価格帯はさまざま。また、長く使うために重要な「機能性」にも注目して選びたいところです。

そこで本記事では、パスケースの選び方や予算、メンズにおすすめのアイテム5選を詳しくご紹介します。また記事の最後には、こだわり抜いた牛革を使用し、14色以上のオリジナルレザーからカスタムオーダーできるJOGGOブランドのパスケースもご紹介。

ぜひ、パスケースを選ぶ際の参考にしてみてください。

メンズにおすすめのパスケースの選び方

メンズにおすすめのパスケースの選び方

「仕事でもプライベートでも使えるパスケースがほしい!」と思う男性は多いものです。自分にぴったりなパスケースを見つけるためには、以下の5つをチェックしてみましょう。

  • サイズ
  • ストラップ
  • 機能性
  • 素材

パスケースのサイズで選ぶ

パスケースには、定期券以外にも名刺や小物が収納できるタイプもあります。薄さや収納するものによって、自分に最適なサイズを探してみましょう。

二つ折りパスケース

「パスケースに名刺やお札も収納したい」「財布代わりに使えるパスケースがいい」そんな方には、二つ折りのパスケースがおすすめです。定期券以外のものも収納できるので、クレジットカードを入れて財布代わりにも使えます。

また内側に窓付きのポケットがあれば社員証を収納でき、顔写真や名前、社名といった情報を守れます。窓付きポケットがない場合は名刺やお札をたっぷり収納できるので、いざという時にも安心です。

単パスケース

2~3カ所のカードポケットが付いたタイプのパスケースを、一般的に「単パスケース」といいます。単パスケースの最大の魅力はその「薄さ」で、スーツやジャケットのポケットに収納する人には特におすすめです。バックを持ち歩かない時も、ポケットにサッと入れるだけで通勤できます。

ただ、小型の単パスケースは二つ折りタイプより収納力がなく、財布と兼ねたい人には向きません。財布や名刺入れを別で持ち歩いており、パスケースには定期券しか収納しない人には、スリムで小型な単パスケースが向いています。

小物が入るサイズを選ぶ

「小銭やカギもパスケースにまとめたい」と考える方なら、小物が入るサイズのパスケースがおすすめです。二つ折りや単パスケースより厚みは増えますが、その分小物をまとめて持ち歩けます。ポケットではなく、鞄に収納する方におすすめです。

小銭を収納したいならコインケースが付いたもの、カギをまとめたい方はキーチェーンが付いたパスケースを選びましょう。あれこれ持たず1つにまとめられるパスケースは、荷物を減らしたい人にもおすすめです。

ストラップの有無で選ぶ

ストラップ付きのパスケースならバックにつけられます。「毎朝パスケースがカバンの中で迷子になって困る!」という方は、ストラップ付きのパスケースがおすすめです。またストラップでカバンとパスケースをつないでおくと、出勤時にパスケースをうっかり忘れることもありません。

また首からかけられる長いストラップなら、社員証入れとしても使えます。会社から支給される社員証ホルダーはビニール製のものが多いので、お気に入りのストラップ付きパスケースで自分らしさが光る社員証ホルダーにできます。

機能性で選ぶ

パスケースには時代に見合った機能性のあるものも増えています。最近の交通ICカードは電子マネー機能も付いているため、貴重品として扱う必要があります。近年、クレジットカード情報を読み取る装置を使って情報を抜き取る「スキミング」の被害も増えており、注意しなければいけません。

そこでおすすめなのが「スキミング防止機能」が付いたパスケースです。クレジットカードを収納する方や海外に行く機会が多いなど被害が心配な方は、スキミング防止機能付きのものが安心です。

また留め具などで金属を多く使ったパスケースは、ICカードの磁気に干渉する恐れがあります。対策をしたい方は、金属を使っていないものや、磁気の干渉防止機能があるものを選びましょう。

パスケースの色で選ぶ

男性のパスケースなら、ビジネスシーンにもマッチするブラックやブラウン、ブルーといった落ち着いた色がおすすめです。派手な柄ものや華美な装飾があるパスケースは悪目立ちする恐れがあり、使えるシーンが限られてしまいます。

しかし「もっと華やかな色がほしい」「ちょっと遊び心のあるデザインがいいな」と思う人も多いものです。そんな時は内側に派手な色を使ったデザインにすると、スタイリッシュな大人のおしゃれを楽しめます。

素材で選ぶ

パスケースの素材は、ナイロン、合皮、布地、本革の4種類が一般的です。ナイロンや合皮、布地は安価で手に入りやすいですが、耐久性が低く、毎日使うパスケースにはおすすめしません。高級感や耐久性で選ぶなら本革がおすすめで、なかでも「牛革」はその丈夫さから人気があります。

また牛革のなかにも、生後6カ月以内の子牛を使った柔らかい「カーフ・スキン」や、生後6カ月~2歳未満の子牛を使った厚みと柔らかさを持つ「キップ・スキン」といった種類があります。

経年変化を楽しめる本革は使っていくうちに愛着がわいてくるため、男性からの人気も高くおすすめです。

メンズが選ぶパスケースの予算

プレゼントの予算は?

メンズパスケースの予算相場は幅広く、1,500円~5万円程度が人気です。素材にこだわらず安価なものがほしい方は3,000円前後で選ぶ方が多く、「上質なものがほしい」と考え、ハイブランドの2万円以上するものを選ぶ方もいます。

パスケースのように毎日使うものは、自分が気に入ったよいアイテムを選びたいものです。しかしハイブランド=よいパスケースとは限りません。ハイブランドでなくとも上質で長持ちするパスケースはあるのです。

革製品をハンドメイドでお届けしているブランドJOGGOでは、本革×オーダーメイドのパスケースを1万円以下の価格設定にし、豊富に取り揃えております。後ほどおすすめのパスケースをご紹介しますので、ぜひご覧ください。

デザインにこだわりたいメンズにも!カスタマイズ可能な革製品が揃うJOGGOの特徴

「毎日使うパスケースだから、こだわったおしゃれなものがほしい!」「上質な革を使ったワンランク上のパスケースを新調したい」と思ったら、革製品のブランドJOGGOをチェックしてみてください。

JOGGOでは、上質な革のカラーカスタマイズが可能で、大人のおしゃれを存分に楽しめるオーダーメイドアイテムを作っています。

メンズにふさわしいパスケースのほかにも、ビジネスシーンで活躍するスリムな長財布、コンパクトでかさばらないコインケースといったレザーウォレットなども各種ご用意。名刺入れ、定期入れ、スマホケースやキーケース、ブックカバーに至るまで、機能性の高い革製品をハンドメイドでお届けしています。

14種類以上の本革からカスタマイズができる

JOGGOでは革製品のカラーカスタマイズを承っているブランドです。常時14色+期間限定色5色をご用意しており、すべてのアイテムで、自分だけの革製品をオーダーメイドで楽しんでいただけます。配色できる部分は革小物のデザインによってさまざまですが、どれもシンプルかつ機能的な設計にしているので、派手な色を選んでも子どもっぽくなりません。

パスケースは誰もが1つは持っており、ギフトにもよく使われるアイテムです。だからこそ、ほかの人とデザインが似てしまったり被ってしまったりすることが少なくありません。

しかしJOGGOなら、ネイビーやブラック、ブラウン以外にも黄色や青といったビビッドなカラーも取り揃えております。「世界で一つだけのパスケース」としてデザインできるので、オリジナリティのあるパスケースがオーダーできます。

また使用する本革はすべて「JOGGOオリジナルレザー」であり、永く使えるよう扱いやすく耐久性に長けた牛革のみを使用しています。現地のタンナーと何度も色を調整して作っており、発色がよく透明感のある仕上がりが特徴です。

メンズライクなパスケースをオーダーメイドした後は、革財布も同じ色味で揃えるなどして、お気に入りの革製品のある暮らしを楽しむのもおすすめです。

名入れが無料

JOGGOでは、すべての革製品に無料で名入れを施します。自分のイニシャルや記念日の日付などを刻めば、よりオリジナリティのある世界にたった一つのパスケースになります。

文字数は最大12文字まで入れられるため、思い入れのある短い文章を刻めます。ゴールド・シルバー・エンボス(素押し)の3種類からお好きなものを選択していただけます(商品によって異なります)。あなたの刻みたい文字を、職人がハンドメイドで一つひとつ心を込めて刻印いたします。

オーダーメイドなのにお手頃価格

JOGGOでは高品質の牛革を使ったオーダーメイドのパスケースを作っていますが、1万円以下とリーズナブルなものも多く扱っています。「オーダーメイド=高い」というイメージがありますが、1万円前後と購入しやすい価格なのがJOGGOの魅力の一つです。

本革のパスケースをオーダーメイドすると、3万円以上になるケースも少なくありません。「ほしいけれど手が出ない……」と諦めていた方にこそ、JOGGOのパスケースがおすすめです。

JOGGOでは、食用牛の副産物のみを使ってモノづくりを行っています。バングラデシュでは「イード」と呼ばれる祝祭で神に牛を捧げる習慣があり、食用後には毎年大量の牛皮が発生するのです。

JOGGOでは、その食用の肉を採った後に出た皮のみを使用することで、オーダーメイドにもかかわらずお手頃な価格帯を実現しています。

メンズにおすすめ JOGGOのパスケース5点を紹介!

JOGGOでは、メンズにおすすめのパスケースを以下のとおり5つご用意しております。

  • スリムパスケース(縦型)
  • スリムパスケース(横型)
  • ストラップ付きパスケース
  • ストラップ付きパスケース(Suica用)
  • 2つ折りパスケース

特長を順番に解説していきます。

スリムパスケース(縦型)

スリムパスケース(縦型)
スリムパスケース(縦型) ¥5,390(税込)

「パスケースに縦型の社員証も収納したい」「胸ポケットからサッと取り出せるパスケースがほしい」と考える方におすすめなのが、JOGGOの「スリムパスケース(縦型)」です。縦型なので胸ポケットに収めやすく、スマートに使えます。

またカードポケットが3つ付いているので、名刺や予備のお札なども収納可能。さらに大きな窓が付いたポケットが1つあるので、縦型の社員証も入れられます。カラーカスタマイズは5カ所でき、落ち着いた印象やポップな印象などを表現できます。

ミニマムなデザインでビジネスシーンにも休日にもぴったり。持ちやすい厚みに仕上げました。

スリムパスケース(横型)

スリムパスケース(横型)
スリムパスケース(横型) ¥5,390(税込)

「ポケットに収まるスリムなパスケースがほしい」「シンプルかつおしゃれなパスケースがいい」そんな方におすすめなのが、JOGGOの「スリムパスケース(横型)」です。カードポケットが4つあり、持ちやすく出し入れしやすい厚みにまでこだわってデザインしました。

カラーカスタマイズは5カ所でき、カードポケットの全段で色を変えられます。シンプルなデザインなので、配色による印象の違いを存分に楽しめるパスケースです。

ストラップ部分がないスリムな設計なので、スーツやワイシャツのポケットに収納してもかさばりません。パートナーと色違いやお揃いにして楽しんだり、表面にある3つのカード段を活かしてトリコロールカラーを楽しんだりと、配色を楽しめるデザインが魅力です。

ストラップ付きパスケース

ストラップ付きパスケース
ストラップ付きパスケース ¥5,390(税込)

「パスケースをうっかり落とさないか心配」「カバンの中で迷子になるのが面倒」という方におすすめなのが、JOGGOの「ストラップ付きパスケース」です。全長25cmのストラップが付いた本革のパスケースで、カバンの持ち手に付ければ迷子になりません。

ストラップには、高級感あふれるゴールドの金具を採用しました。また長さの調整ができるので、お好みで調整していただけます。カードポケットは3枚あり、すべてにカードを収納しても取り出しやすいよう、余裕をもって設計しました。

なお、「ストラップ付きパスケース」はカードサイズで設計しております。磁気定期券などカードサイズより大きいものは入りませんのでご注意ください。

ストラップ付きパスケース(Suica用)

ストラップ付きパスケース(Suica用)
ストラップ付きパスケース(Suica用) ¥5,390(税込)

「Suicaを収納するパスケースがほしい」「ステッチの色が効いた革小物が好き」そんな方におすすめなのが、JOGGOの「ストラップ付きパスケース(Suica用)」です。

1つ前にご紹介した「ストラップ付きパスケース」がベースですが、表面に丸い穴(窓)を開けている点が特長で、この窓からSuicaのペンギンの顔が見えるようデザインしました。ステッチの色もカスタマイズできるので、パスケースのよいアクセントになります。

ストラップ付きなのでカバンにつけて持ち歩けるデザインで、カバンの中で迷子になりません。ストラップの長さは調整できます。カバンやバッグのデザインや使いやすさで自由に調整してください。

カードは3枚入れても取り出しやすいように設計しており、「パスケースがパンパンでカードが取り出しにくい!」とはなりません。

上質な革を使った遊び心のあるデザインで、大人のおしゃれにぴったりのパスケースです。カラーカスタマイズ次第でおしゃれにもかわいい雰囲気にもデザインできるので、パートナーやご夫婦、カップルなどでペアで持つのもおすすめです。

2つ折りパスケース

2つ折りパスケース
2つ折りパスケース ¥6,490(税込)

「パスケースには予備の名刺も収納したい」「二つ折りのパスケースがいいけれど、厚いのは嫌だ」という方におすすめなのが、JOGGOの「2つ折りパスケース」です。

5つのカードポケットを取り付けたので、定期以外にもお札や名刺、社員証などを収納できます。厚みは6mmと薄く、革本来の質感が楽しめるよう設計しました。ジャケットやスーツの胸ポケットに入れても収まりがよく、ポケットのラインが崩れにくくなっています。

二つ折りタイプで内側には大きな窓を取り付けたので、社員証を収納してもうっかり名前や社名が見える心配がありません。スナップがなくサッと開けるため、社員証の提示もスムーズにできます。

カードポケットは4カ所、内側の窓付きポケットが1カ所あり、薄さと大容量を兼ね備えたパスケースです。外側を落ち着いた色に、内側を派手な色にすれば、開くたびにパッと華やかな印象になり大人のおしゃれを楽しめます。レディース・メンズや年齢問わず使えるシンプルなデザインで、ペアアイテムやギフトにもぴったりです。

「上質で大人の男性にぴったりのパスケースがほしい!」「あまりお金をかけずに、よい革小物がほしい」と思った時は、ぜひJOGGOの革製品をチェックしてみてください。自分好みのカラーカスタマイズで、きっとお気に入りのパスケースが手に入ります。大切な方へのプレゼントにも最適なJOGGOの革製品を、どうぞご愛用ください。

JOGGO 広報

JOGGO 広報

パスケース一覧を見る

イベント・特集